注文住宅を購入するならどのような点に注意すれば良いのか


注文住宅はハウスメーカーにより建築工法に違いがある

注文住宅を購入する最大のメリットは、設計の自由度が高く理想のマイホームに近づけることができる点にあります。しかし、注文住宅を依頼するハウスメーカーを先に決めてしまうことは選択可能な建築工法を狭める原因となりかねません。そこで、先に建築工法を決めてからハウスメーカー選びを行うことで、設計段階から自分で採用したい建築工法による注文住宅を実現できるわけです。

注文住宅でカスタマイズ可能な範囲を知ろう

注文住宅だからといって全てのことを自由に取り入れることができるわけではなく、建築基準法に基づいた範囲内に限定されます。特に注意しなければならないこととして、建築確認取得後は基本設計を変更できない点に注意しなければなりません。注文住宅を現金一括払いで購入するならば最初からやり直しといった方法を採れますが、住宅ローンを組む場合には工期の延長と予算変更は再審査が必要となるために予定よりも長期間の工事を費やすことになりかねません。

施工開始後の変更は注文住宅の場合は特別料金

施工開始後にどうしても変更したい部分が出てきた時には、注文住宅ならばある程度内装部分に関して変更できます。しかし、オプション工事扱いとなるために変更箇所に関しては施工開始前とは異なり、それなりのコストが求められてしまうことは確かです。それでも住みやすい環境を注文住宅で実現したいならば、予め予算にオプション工事費用を予備費として計上しておく方法があります。巨額の予備費は住宅ローンを組む場合には認められないので、頭金を減らして現金として保有しておきオプション工事費用に充当する方法ならば実現可能です。

冬は寒さが厳しくなる千葉の注文住宅を建てるときには、デザインよりも防寒対策を意識することが大切です。

Close
Menu
Close