都心でもローコストで価値ある家を造る方法があるんです!


優秀な設計士を見つけよう

都心においてローコストで価値ある家を造るにはまずもって優秀な設計士を見つけることが絶対条件となります。特に自由設計で家造りを行う注文住宅では設計が非常に重要な工程であり、この工程が成功の鍵を握るといっても過言ではありません。価値ある家造りを行うためにいかにして設計にそれを盛り込んでいくかは、設計士の技量次第となります。いくら予算をつぎ込んだとしても設計士にその技量が無ければローコストで価値ある家造りは困難となりますし、逆に少ない予算でも設計士にその技量があればローコストで価値ある家造りは十分可能となります。これまでどれくらいの設計実績があるのかなどの観点から、優秀な設計士を選ぶようにしましょう。

狭小地や旗竿地などの変形地を狙おう!

注文住宅において最も費用がかかるのは土地の購入費用でしょう。土地がなければ家を建てることができませんので、土地の購入は非常に重要となります。土地の価格についてはここ数年、下落傾向になっているとは言え、依然としてハードルが高くなっている状況です。特に都心部においてはまだまだ価格が高く、購入しにくいのが実情です。そこで目をつけたいのが、土地面積が狭い狭小地や旗のような地形になっている旗竿地といった変形地です。これらの土地であれば都心においても比較的安く購入することができ、ローコストで価値ある家造りをするなら最適と言えます。変形地では十分満足いく家が建てられない、といったイメージがありますが、今は全くそんなことはありません。優秀な設計士にかかれば、変形地であっても十分満足の家を建てることができます。是非、こうした土地を活用してみましょう。

2000万の家はローコスト住宅に分類されます。規格住宅であることがほとんどですが、こだわる部分とそうでない部分のメリハリをつければ、自由設計が可能な建築事務所で、自分たちの夢を実現した家を作れます。

Close
Menu
Close