賃貸オフィスのメリットとデメリットは早めにチェック!


保証人なしですぐに借りることができるオフィスもある

賃貸オフィスは、月額制の料金システムが導入されているところが多く、小規模なオフィスであれば、保証人を付けずに賃貸借契約を結ぶことも可能です。最近では、中小零細企業や個人事業主などに選ばれている賃貸オフィスについて、ビジネスに関する情報誌やウェブサイトなどで特集が組まれることもあります。そうした中、すぐに賃貸オフィスを利用して事業を始めたい場合には、各地で実績がある管理会社にコンタクトを取って、契約条件や月々の賃料の相場を把握することがおすすめです。また、様々なビジネス用の機器や物品を自由に使うことができる賃貸オフィスは、年間を通して契約希望者が多い傾向があります。そこで、スムーズに入居の手続きを進めるうえで、リアルタイムで新着の物件情報を集めることが大事です。

都市部には月々の家賃や管理費が高額な物件が目立つ

都市部にある賃貸オフィスの中には、月々の家賃や管理費が高額に設定されている物件が少なくなく、事業を始めたばかりの経営者にとって、経済的な負担が大きくなるというデメリットがあります。たとえば、セキュリティや法人向けのサービスがしっかりとしている賃貸オフィスについては、毎月数十万円から百万円ほどのコストが掛かることもあります。そのため、賃貸オフィスの契約に少しでも興味があれば、過去数年間の会社の経営状況を考慮しながら物件探しをすることが大切です。最近では、ビジネス街の賃貸オフィスを管理する会社を中心に、経営者の負担を軽くするために、賃料の値下げ交渉に応じたり分割払いに対応をしたりしているところも増えており、若手の経営者から関心が集まっています。

ステータスと利便性を兼ね備えた中央区で賃貸オフィスを構えることによって、モチベーションが上がり取引先とのやりとりが快適になります。

Close
Menu
Close