賃貸住宅を選ぶ時は耐震強度に注目する事がポイント


築年数が20年以上の物件を選ばない

日本は、地震が多くいつ大きな地震が起きてもおかしくないということが言えます。そこで、大きな地震が起きても被害を最小限度に抑えるために耐震強度がなるべく強い賃貸住宅を選ぶ事が大事です。もし、耐震強度が弱い住宅に住んでしまうと、それなりに大きな地震が起きた時に崩壊する危険性もあり生命に危機が及びますよね。そこで、注目しておきたいのが築年数です。築年数と耐震強度は比例する事が多く築年数がかなり経過している物件の場合、基本的に耐震強度が弱くなっている可能性が高いでしょう。

そこで、築年数が20年以上の賃貸物件を選ばないようにします。築年数が20年経過していると多少なりとも建物が老朽化している可能性があり、耐震強度が弱くなっている事が多いです。

新築物件だと建物が丈夫

賃貸物件を選ぶ時には、耐震強度に注目する必要がありますが新築物件だと建物が丈夫な事が多く安心して住むことができます。また、新築物件の中には耐震強度が強くなるような素材を利用していたり、構造の部分で工夫している物件も増えています。それに加えて、建物自体が新しいので耐震強度が強く地震に強い住まいになっている可能性が高いです。ただ、新築物件だからすべて耐震強度が強いというわけではないです。中には、手抜き工事をしている物件もあるのでその点に注意しなければいけないですよね。

そこで、新築物件を見つける事が出来ればそれを建設した業者をチェックします。今まで手抜き工事や工事ミスをしたことがない業者だと、安心して住むことができますよね。

函館と札幌のほぼ中間に位置する室蘭市。道内屈指の観光地でもあり、その見どころは一度旅行した程度ではとても巡りきれません。室蘭の賃貸なら、その魅力を住みながらにして心ゆくまで堪能できます。

Close
Menu
Close